看護師の転職は看護師の資格とかでみられるの?

MENU

看護師の転職は看護師の資格とかでみられるの?

看護師の転職は看護師の資格だけで見られるわけではありませんが、特定の専門看護分野での単位や実務経験が問われます。自分のスキルアップを図るため、目的を持って看護師のレベルを上げることは必要です。認定看護師や専門看護師の資格を持っていれば、通常の看護師よりランクが高いと判断され、給料もその分アップします。

 

自分のスキルを磨けば、転職の際、それだけ有利になることは間違いありません!

 

認定IVR看護師の資格を持っていれば、レントゲンなどの画像診断を行いながら、カテーテルテクニックや穿刺術を利用した治療を行うことができます。IVRの施術は、医師、看護師、放射線技師の三者のチームワークと専門的な知識や技術が必要で、認定IVR看護師の試験を受けるには、正看護師もしくは准看護師の免許を有してなければなりません。

 

受験資格も厳しく、IVR学会専門医の元、5年間で100例以上のIVR看護経験があり、IVR看護師講習会に2年間に1回以上参加していなくてはなりません。こうした高度な資格を有していれば、転職に有利に働きます。