准看護師養成所とは?

MENU

准看護師養成所とは?

准看護師とは都道府県知事の試験を受け免許を得て、医師や歯科医師、または看護師の指示によって療養上の世話や診療の補助を行うのが仕事で、「都道府県知事免許」が必要になります。准看護師になるためには中学校を卒業して准看護師養成所で2年間の勉強を行った後に准看護師試験に合格すれた資格がもらえる准看護師を目指す人のための学校です。

 

准看護師養成所は中学校卒業者だけでなく社会人の入学も歓迎しており、医療機関で働きながら准看護師養成所に通い学べるわけです。入学試験は毎年2〜3月に行われますが試験日や試験科目は養成所によって異なるので確認が必要です。また様々な奨学制度がありので利用することもできます。

 

また准看護師から正看護師になる場合には看護師養成所(2年過程)を卒業し国家試験に合格するか、10年以上の准看護師業務経験があれば看護師養成所2年過程(通信制)を終了後、国家試験に合格すれば看護師の免許がもらえます。高校を卒業している准看護師は高等学校専攻科・看護大を卒業し国家試験に合格すれば看護師の資格がもらえます。

 

看護師養成所の情報は各都道府県のホームページにて情報を得ることができます。

准看護師養成所とは?関連ページ

看護師と子育ての悩みは?
看護師の悩みの一つに自分の子育てと自分の仕事がうまくかみ合わない場合が非常に多いことなんですね。それを解決するためには?
看護師はプライドを持って仕事をしている!
男の看護師って仕事的に損?