個人病院は正看より准看を採用する?

MENU

個人病院は正看より准看を採用する?

看護師には正看護師と准看護師が大きく分けて存在します。

 

ポジション的には正看護師の方が上で正看護師の資格は国家資格であるのに対して准看護師の資格はそうではありません。なるのに難しいのも正看護師の方です。そうしたことも背景にあり給与面などの待遇も正看護師の方が准看護師よりも優遇されているというのが一般的です。

 

しかし、病院内で行う仕事の内容は正看護師であっても准看護師であったとしてもほとんど変わりはないと言われています。

 

ここが個人病院で正看護師よりも准看護師の方が採用されやすいポイントとなります。つまり、能力的には正看護師であろうが准看護師であろうがほとんど変わりがないのに給料は准看護師の方が安いと言う現状が個人病院において准看護師が採用されやすい理由なのです。

 

一般的に個人病院は大病院と比べて経営は不安定で財力は劣ります。そうした中で人件費が少しでも切り詰めることが出来るのであればということで准看護師へと目が向いていくと言うことなのです。ただ、必ず個人病院だからといって准看護師ばかりを採用するとは限りません。正看護師でないとダメだという個人病院もちゃんと存在しています。